ひびき灘開発株式会社

処分場利用案内

処分場概要

受託事業

北九州市響灘西地区廃棄物処分場  北九州市日明積出基地

■北九州市公共処分場施設の管理運営を受託

 北九州市では、市内から発生する一般廃棄物(家庭ごみなどの焼却灰と一定の不燃物等)と、市内の中小企業から排出される産業廃棄物及び公共工事などから発生する工事残土やがれき類等を、響灘西地区廃棄物処分場で最終処分(海面埋立)しています。

 市内東部地区から発生する廃棄物等は、小倉北区西港町にある中継基地(日明積出基地)に一旦搬入された後、日明積出基地から響灘西地区廃棄物処分場まで専用のトレーラー型ダンプトラックで陸上輸送されています。

 これらの事業を、ひびき灘開発株式会社が北九州市から受託し、一元管理しています。

北九州市響灘西地区廃棄物処分場

◎廃棄物の適正な処理のために

本処分場は、平成7年度より建設をすすめ、平成10年10月に開場しました。環境保全を図りつつ、市内で発生する一般廃棄物と産業廃棄物を適正かつ安全に処分します。

出典:産業廃棄物処分業許可 北九州市第7630004184号
  埋立面積 埋立容量
合計 573千m2 7,150千m3
2区画 371千m2 4,571千m3
3区画 202千m2 2,579千m3

北九州市響灘西地区廃棄物処分場

ひびき灘開発(株)処分場

日明積出基地

日明積出基地は、市内各地から搬入された廃棄物や土砂をストックヤードで保管し、トレーラー型ダンプトラックに積み替えるための施設です。昭和56年3月から稼働しています。

積出管理施設 計量設備/
30tトラックスケール×2基
保管施設 ストックヤード/5,400㎥
防臭装置

日明積出基地全景

Copyright (C) 2002-2017 HIBIKINADA DEVELOPMENT CO.,LTD. All rights reserved.