ひびき灘開発株式会社

処分場利用案内

建設工事等から発生する廃棄物

受入基準

処分場に受入る廃棄物等は下表の基準を満たしてください。

(1)個別基準

■北九州市日明積出基地及び北九州市響灘西地区廃棄物処分場

廃棄物等の種類

廃棄物の例示

個 別 基 準

産業廃棄物

燃え殻

灰かす、石炭がら、コークス灰、廃棄物焼却灰、炉清掃排泄物、ボトムアッシュ、廃カーボン等

熱灼減量 10%以下に焼却したもの
あらかじめ大気中に飛散しないように必要な措置を講じたもの

汚 泥

製造業の製造工程から生じる泥状のもの、ベントナイト汚泥、セメント汚泥、研磨汚泥、下水道汚泥、浄水場汚泥等

無機性汚泥(熱灼減量 15%以下であるもの)
含水率 85%以下に脱水したもの

廃プラスチック類

合成樹脂、合成繊維、合成ゴム、FRP、合成樹脂建材(塩ビパイプ、塩ビ波板)、廃タイヤ等

あらかじめ中空の状態でないようにし、かつ最大径を概ね15cm以下に 破砕し、切断したもの

ゴムくず

天然ゴム

最大径概ね15cm以下に破砕し、切断したもの

金属くず

鉄くず、空かん、ブリキ、トタンくず、箔くず、鉛管くず、銅線くず、鉄粉、切削くず、溶接かす等

最大径概ね30cm以下に破砕し、切断したもの

ガラスくず、コンクリートくず
(工作物の新築、改築又は除去に伴って 生じたものを除く。)
及び陶磁器くず

ガラスくず、耐火レンガくず、セメント製品くず、陶器くず、磁器くず、シリカ、タイル、大理石等、断熱材、保温材、廃石膏ボード

最大径概ね30cm以下に破砕し、切断したもの
※ 廃石膏ボードは紙類が付着していないもの

鉱さい

鋳物廃砂、スラグ(高炉、転炉、電気炉から発生するもの)、ノロ、ボタ、サンドブラスト廃砂、不良鉱石等

最大径概ね30cm以下のもの

ばいじん

大気汚染防止法に定めるばい煙発生施設、ダイオキシン類対策特別措置法に定める特定施設または産業廃棄物焼却施設において発生するばいじんであって集じん施設によって集められたもの

湿式集塵施設で捕集したものは、含水率 85%以下に脱水したもの
その他の集塵施設で捕集したものは、あらかじめ大気中に飛散しないように必要な措置を講じたもの

政令第13号廃棄物

当社指定の事業者から発生するもの

産業廃棄物の前処理の方法により安定化が確認されたもの

がれき類

工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたコンクリートの破片その他これに類する不用物(コンクリート破片、レンガ破片、ブロック破片等)

最大径概ね30cm以下に破砕し、切断したもの
木くず等他の廃棄物が混在しないもの

土砂

一般土砂

山土及び地山等の掘削土砂

自然のレキ及び岩石等で最大粒径が30cm以下のもの

最大径概ね30cm以下のものであって、事前に土壌汚染のおそれがないことを確認したもの

管理土

土壌環境基準を超え、当社の判定基準を満たす土砂

最大径概ね30cm以下のものであって、次項の一般土砂の判定基準を超え、廃棄物等の受入基準を満足するもの

※廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令(以下「施行令」という。)第7条に定める 産業廃棄物焼却施設(焼却能力は考慮しない)以外で焼却された燃え殻及び汚泥は、 熱灼減量15%以下とする。

■響灘西部廃棄物処分場

廃棄物等の種類

廃棄物の例示

個別基準

産業廃棄物

燃え殻

灰かす、石炭がら、コークス灰、廃棄物焼却灰、炉清掃排泄物、ボトムアッシュ、廃カーボン等

熱灼減量 10%以下に焼却したもの
あらかじめ大気中に飛散しないように必要な措置を講じたもの

汚 泥

製造業の製造工程から生じる泥状のもの、ベントナイト汚泥、セメント汚泥、研磨汚泥、下水道汚泥、浄水場汚泥等

無機性汚泥(熱灼減量 15%以下であるもの)
含水率 85%以下に脱水したもの

金属くず

鉄くず、空かん、ブリキ、トタンくず、箔くず、鉛管くず、銅線くず、鉄粉、切削くず、溶接かす等

最大径概ね30cm以下に破砕し、切断したもの

ガラスくず、コンクリートくず
(工作物の新築、改築又は除去に伴って 生じたものを除く。)
及び陶磁器くず

ガラスくず、スレートくず、耐火レンガくず、セメント製品くず、陶器くず、タイル等

最大径概ね30cm以下に破砕し、切断したもの

鉱さい

鋳物廃砂、スラグ(高炉、転炉、電気炉から発生するもの)、ノロ、ボタ、サンドブラスト廃砂、不良鉱石等

最大径概ね30cm以下のもの

ばいじん

大気汚染防止法に定めるばい煙発生施設、ダイオキシン類対策特別措置法に定める特定施設または産業廃棄物焼却施設において発生するばいじんであって集じん施設によって集められたもの

湿式集塵施設で捕集したものは、含水率 85%以下に脱水したもの
その他の集塵施設で捕集したものは、あらかじめ大気中に飛散しないように必要な措置を講じたもの

がれき類

工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたコンクリートの破片その他これに類する不用物(コンクリート破片、レンガ破片、ブロック破片等)

最大径概ね30cm以下に破砕し、切断したもの
木くず等他の廃棄物が混在しないもの

土砂
良質土砂 ・土壌環境基準を満たし、覆土材として利用できる良質な土砂
・山土及び地山等の掘削土砂で乾燥しているもの
・自然石で最大粒径が10cm以下のもの
最大径概ね10cm以下のものであって、次項の一般土砂の判定基準を満足し、覆土材等として利用できる良質なもの

一般土砂

・山土及び地山等の掘削土砂
・自然石で最大粒径が30cm以下のもの
・事前に土壌汚染のおそれがないことを確認したもの

最大径概ね30cm以下のものであって、事前に土壌汚染のおそれがないことを確認したもの

※廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令(以下「施行令」という。)第7条に定める 産業廃棄物焼却施設(焼却能力は考慮しない)以外で焼却された燃え殻及び汚泥は、 熱灼減量15%以下とする。

(2)共通受入基準(溶出試験)溶出試験項目及び各項目の判定基準値

Copyright (C) 2002-2017 HIBIKINADA DEVELOPMENT CO.,LTD. All rights reserved.