ひびき灘開発株式会社

事業概要

長期安定的な処分場を確保し、最も効率的で安全・安心な
3号地「嵩上事業」を実施します。

事業概要

面積 約29.4ha
嵩上構造 高さ30m、平均法勾配1:3の台形状の嵩上盛土
埋立容量 約800万トン(約470万m3)
年間搬入予定量 約31万トン/年
事業期間 平成28年度~平成53年度

断面図

平面図

3号地「嵩上事業」の技術的な検討を踏まえ、 安全を優先した埋立を
計画に沿って実施します。

環境・安全に配慮した廃棄物処分場

  1. これまでの水中部の埋立と異なり、陸上部の盛土となることから、これまで以上の環境監視体制を構築し、公害の防止・周辺環境の保全に努めます。
  2. 嵩上盛土の安定・安全を図った平均法面勾配(1:3)とします。
  3. 土堰堤による埋立地内部と外周部の分離を行うと共に、土堰堤部の植栽等の環境整備を行います。
  4. 埋立地の浸出水は集水し、公共下水道へ放流します。また、雨水についても監視を行いながら放流し、周辺海域の汚濁防止に努めます。
  5. 現在考えられる最大規模の地震に対して、既設の護岸や嵩上盛土の安全性を確認し、安全・安心な廃棄物処分場を建設します。

埋立計画

  1. 嵩上埋立は、各段階的に土堰堤、植栽、集排水管、調整池など、施設の整備と埋立を実施する特徴から、埋立中においても安定性(嵩上法面・水面部)、施工性、豪雨時の対応性、災害に対し万全を期して行います。
  2. 更に、段階的な埋立を確実に実施するために、計画的な土堰堤の整備が必要であることから、土砂の計画的な搬入を行います。

環境へ配慮し保全に努め、法令を遵守した
安全な廃棄物処分場運営のための各種施設・設備を整備します。

浸出水集排水施設及び雨水排水施設配置図

土堰堤、浸出水集排水管の概念図

  1. 土堰堤外周部と埋立地内への降雨について、個別の集排水施設を設けます。
  2. 土堰堤と埋立地は常に高低差をつけ、集中豪雨時にも越流しない構造とします。
  3. 土堰堤背面には、排水層を設置し、埋立地内の水を速やかに集水する構造とします。


Copyright (C) 2002-2017 HIBIKINADA DEVELOPMENT CO.,LTD. All rights reserved.