ひびき灘開発株式会社

土地開発・用地案内

緑化事業

ひびきに緑を

緑化を通じて地球温暖化や森林破壊、水不足など地球環境問題に取組み、
社会全体の環境負荷の低減を推進することは、 当社の企業価値を高め、
評価の向上に貢献できるものと考えています。

 一般に、埋立地のイメージは、果てしなく広がるむき出しの地面。緑はまばらで殺伐としているというものです。緑は生活にうるおいや安らぎをもたらし、心地よい環境を作り出すうえで非常に大きな要素の一つです。人工的に作り上げた土地であっても、もっと緑が欲しいと強く感じました。

 当社は、CO2削減のための緑化事業として、埋立地に年15,000本、5ヵ年で75,000本の苗木を植え、緑化面積としては16,525m2の広大な緑地帯を創造する計画を立てました。

 苗木の種類はウバメガシ、マテバシイ、ヤブツバキ、アラカシ、ヤマモモ等です。苗木はどんぐりから育て、堆肥も自社で生産しています。

平成20年植樹箇所

平成20年植樹箇所

平成19年試験植樹箇所

平成19年試験植樹箇所

苗木つくり

苗木つくり

 

Copyright (C) 2002-2017 HIBIKINADA DEVELOPMENT CO.,LTD. All rights reserved.