ひびき灘開発株式会社

会社概要

会社概要

沿革

昭和48(1973)年 ひびき灘開発株式会社設立
資本金3億円(公共、民間各50%出資)
 
昭和50(1975)年 響灘C地区廃土処分事業(市)受入開始
昭和54(1979)年 響灘C地区廃土処分事業(市)受入終了
昭和55(1980)年

響灘D地区廃棄物処分場(市・1区画)受入開始
出資比率変更(公共51.2% 民間48.8%)

 
昭和56(1981)年 資本金12億円に増資(公共51.1% 民間48.9%)
響灘西部地区の埋立権取得
日明積出基地(市)からの廃棄物の海上輸送開始
 
 
昭和57(1982)年 響灘西部廃棄物処分場(1号地)の護岸工事着工
昭和58(1983)年 響灘西部廃棄物処分場(1号地A区画)の埋立開始
昭和60(1985)年 新門司廃棄物処分場(市)の受入開始
昭和61(1986)年 響灘西部廃棄物処分場(1号地B区画)の埋立開始
昭和62(1987)年 響灘D地区廃棄物処分場(市・2区画)の受入開始
昭和63(1988)年 小石廃棄物処分場(市)受入開始
平成1(1989)年 小石廃棄物処分場(市)受入完了
平成4(1992)年 響灘西部地区(4・5号地)の埋立権を北九州市に譲渡
資本金12億8050万円に増資
 
平成5(1993)年 資本金13億6550万円に増資
響灘西部廃棄物処分場(2号地)の護岸工事着工
 
平成6(1994)年 新門司廃棄物処分場(市)の埋立完了
平成7(1995)年 現在地(若松区浜町)に本社移転
響灘西部廃棄物処分場(2号地)の埋立開始
 
平成8(1996)年 響灘開発基本計画を策定
響灘西部廃棄物処分場(3号地)の埋立権を北九州市から旧3号地の埋立権と交換取得
 
平成9(1997)年 響灘西部廃棄物処分場(3号地)の護岸工事着工
平成10(1998)年 響灘西部廃棄物処分場(1号地)竣功(面積537千m2)
響灘西地区廃棄物処分場(市・3区画)の受入開始
 
平成12(2000)年 響灘D地区廃棄物処分場(市・2区画)の受入完了
平成13(2001)年 「北九州市エコタウンセンター」の管理運営を市から受託
平成14(2002)年 響灘西部廃棄物処分場(3号地)の埋立開始
土地分譲に向けてのインフラ整備着工
 
平成15(2003)年 創立30周年記念式典を開催
浮桟橋工法による埋立開始
 
平成16(2004)年 (株)ポプラが当社分譲地に進出(4000m2)
平成17(2005)年 ひびきコンテナターミナルが開港
  北九州市エコタウンセンターの指定管理者として指定を受ける(平成18〜20年度)
平成18(2006)年 ISO14001(環境マネジメント審査登録制度)認定取得
  ひびきポートランドR1号倉庫(賃貸倉庫)が完成、供用開始
平成19(2007)年 (株)エコマテリアルが当社分譲地に進出(6000m2)
  大和ハウス工業(株)が当社分譲地に進出(39,700m2)
平成20(2008)年 (株)ミクニテックが当社分譲地に進出(4000m2)
  北九州市エコタウンセンターの指定管理者として指定を受ける(平成21〜25年度)
平成21(2009)年 環境と地域をテーマに「第1回ひびきエコフェスタ」を開催
平成23(2011)年 鶴丸海運(株)が当社分譲地に進出(15,000㎡)
平成24(2012)年 (株)白海が当社分譲地に進出(4,000㎡)
  北九州市響灘ビオトープの管理運営補助業務を北九州市から受託
平成25(2013)年 日明積出基地~響灘西地区間の海上輸送を陸上輸送に変更
  太陽光発電所「ひびきソーラーパワー」稼動開始
  北九州市エコタウンセンターの指定管理者として指定を受ける(平成26〜30年度)
  北九州市響灘ビオトープの指定管理者として指定を受ける(平成26〜30年度)

Copyright (C) 2002-2017 HIBIKINADA DEVELOPMENT CO.,LTD. All rights reserved.